生前贈与には意外な落とし穴もありますので注意を

  • 生前贈与には意外な落とし穴もありますので注意を

    • 財産を相続でなく、生前贈与する場合は、意外な点で勘違いをしていたり、あるいは落とし穴になったりすることがあります。たとえばどのような点かといいますと、妻が夫からもらった生活費を、少しずつためこんでおく、いわゆるへそくりです。

      夫のお金を預かって生活費に回すのはいいのですが、その分を自分名義の口座にいれたりすると。

      これは明らかに贈与となってしまいます。

      @niftyニュースを調べるなら最新情報が集まるこちらのサイトがオススメです。

      もし夫からのお金で、年間110万円以上のへそくりをしていた場合は、もちろん贈与税がかかります。


      また、夫からもらったお金を元手に株に投資やFXをして、それで得たお金も同様の扱いになります。


      それから、生前贈与のつもりが名義預金とされてしまうことがあります。



      これは祖父母が子供に贈与した分を、親が管理するという方法でよく見られますが、財産である以上、親が勝手に出金することはできません。もし出金しても、後で返しておけばいいという見方も成り立ちますが、そのような場合は生前贈与ではなく、名義預金とみなされてしまいますので注意しましょう。また、保険を贈与する場合にも気をつけたい点があります。


      たとえば親が子供に贈与した場合は、ただ契約者名を書き換えるだけではなく、実際に贈与された方が保険料を払わなければなりません。ですからこの場合は、保険料を親が代わって払ってあげるのではなく、あくまでも子供が、親から保険料分のお金をもらい、そのうえで子供名義で振り込むようにしないと、贈与とはみなされなくなります。



  • サポート情報

    • 遺産相続を行う場合のひとつの方法として生前贈与が有ります。この生前分与は本人が亡くなってから相続する場合とは異なり、本人の意思で正確に希望する人に遺産を引き継ぐことが出来るため親族間の意思疎通がし易い財産の分与方法です。...

  • 皆が知りたい情報

    • 生前贈与した場合の税率には、一般税率と特別税率とのふたつの種類があります。平成27年度の税制改正によって、一般税率と特別税率とのふたつの税率についての区分が創設されたことにより、直系卑属すなわち子や孫に対して、以前よりも生前贈与が随分とやりやすくなりました。...

  • 最新考察

    • 生前贈与という言葉を聞いたことのある人もいるでしょう。これは生きているうちに財産を譲るということであり、死後に渡される財産を生前に渡しておくことで相続財産を減らすことができますし、相続税を節約することができるのです。...

  • 法律について情報

    • 生前贈与を受けるときには注意しなければならない点があります。例えば本人に収入が全くない専業主婦が夫の給料から毎月小遣いを貰っていてそれをへそくりとして貯金していた場合、夫が死亡して遺産相続することになった際に税務署はその貯金がどのようにして貯めたものなのか調査を行い、夫のものであれば名義預金であるとして相続税が課せられてしまいます。...

top